読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トピア内野手のテキサスヒットピア

トピア内野手がテキサスヒットのような文章を書けるようにがんばるブログ

共感しすぎて泣いちゃうわよ

8/15(土)
終戦の日。当然のごとく塚本晋也監督の野火(監督によるティーチインあり)を観に行こうと思っていた。
けれども神宮球場での野球観戦、Emily likes tennisのライブの時間とまるかぶりしていた。当日15時までかなり悩んでいた。
神宮は3イニングチケットなどもあり遅れていけるからまだいいのだが、野火は個人的に原作見てからもまた観ようと思っていたのと、本編上映時間(17時~)に間に合わない、25歳以下は500円で入場できるため、2回も見ているトピアは若者に譲るべきという気持ちもあり、ここはEmily likes tennisで決めた。渋谷LUSHに何年も行っていなかったので久々に行こうかなというのも決め手の一つでした。
開演時間の18:30過ぎに渋谷LUSHに着くも、10分程度押しており何とか間に合った。この日はEmily likes tennisはトップだった。otoriのチャンヒノに久々に会ってびっくりする。Twitterがめちゃくちゃ面白いのに実際会うと驚くほどにテンションが低い人である。
ライブ直前のエミリーのギター、エンリケ後悔王子とすれ違った。スカートを穿いていて心の中でガッツポーズをとった。エンリケはスカートが似合うのである。スカート姿が落ち着く。やっぱこれだねとロッテのトッポ以上に思った。本人の性癖が誤解されそうなので書いておくと、スカートは動きやすいからであって、特に女装趣味があるわけではないそうです。そして私も女装男子が好きなわけではありません。本気ではない女装はわりと好きなのですが。クオリティの低い女装フェチなのかは結論が出ておりません。
酒を飲みながらライブを見るのが好きなのでバーカウンターに。ドリンクチケット+100円でシンハーの瓶ビールに交換できるとのことでウキウキでそれを選ぶ。私の中で空前の瓶ビールブームが起こっている。

瓶ビールに心躍りしているとEmily likes tennisのライブが始まる。渋谷LUSHの特徴かもしれないがいつもより音がぐしゃっとしていて少し混乱した。綺麗なステージとオシャレな雰囲気に反してとてもジャンクである。
ジャンクな「団地の子と遊ぶな」はなかなかの迫力だった。普段の激しく面白くチャーミングでニクいエミリーとは違っていて面白いなと思った。わりと歌ものよりなのかな?という対バンだったのでいつもよりさらに独自性、異物感が際立っていた。
ボーカルの獣-ビースト君が1曲目に手作りの羽(運動会で使う応援のポンポンで使うあのテープを裂いて作ったもの)を付けるも反応が薄かったことについて「3時間かけて羽作ったのに滑る」とMCで言っていて、芸人のアタシは泣いてしまった。これあるあるだと思う。ものすごく練習して(準備して)やったボケなのに滑る。残念だけどあるんですよね・・・。これはもう共感し過ぎて涙が出た。
2曲目からは始めに感じていたぐしゃっとした感じはなくなった。Choo-Choo-trainのあの動きをボーカル津坂君、ギターエンリケ、ベース将棋部さんでやっていた。とてもくだらなくてバカバカしい。でもすごく面白い。ブレイクというか隙間を活かした曲でとてもかっこよかった。チョキチョキチョキチョキチョキチョキチョキ!!!!ペタペタペタペタペタペタペタ!とエンリケが叫んでいる部分もインパクトがある。ダークネススキルという曲名らしい。直訳すると暗黒技術。趣あるなと思った。先日otoriがカナダでライブを行ったときに、バンクーバーのライブ会場でかかっていたらしい。すごい。
二週間のホームステイの曲では一昨日と違い、お面を被っていなかった。
個人的に大好きな「イケメン青果店」をやっていて嬉しかった。転調後のベース、ドラム、ギターの順で絡んでいくのがとっても好きだ。ポップかつセクシーなグルーヴ。都市感はんぱない。
大大大好きなSUSHI BARのビースト君作のキリンのクオリティに改めて感動し、壮大さを感じた。やはりT-DRAGON君のドラムと将棋部さんのベースが絡むところはめちゃくちゃかっこいい。この部分だけ着メロにしたり目覚ましにしたいくらいだ。
最後は貫禄の「かわいそうなぞう」では津坂君作のぞうが客席を縦横無尽に動き回っていた。最後明らかにエンリケがギター片付けたり、T-DRAGON君がスネアを泣きながら片付けたりしてて笑った。泣くところ、将棋部さん明らかに笑ってたなと思った。
エミリーは中1日でライブで全く違う客層の中でもどんどん受け入れられていくのがわかってすごかった。ビースト君は新しいパフォーマンスやアドリブのMCを入れていて探求心に痺れた。演奏もパフォーマンスも素晴らしく、ライブがとてもとても面白いし良い意味で裏切られた気分になるので色々な人に観て欲しいなと思いました。
久々に会う友達と色々話したり、青島瓶ビール飲んでたら酔っ払ってしまった。エンリケにも指摘されるレベルで。
グッドマンでネタ観ましたといってくださった方には照れ隠しでよくわからない反応をしてしまった。やっぱり下ネタをやっているところを観られるのは恥ずかしいのである。楽しかったけれども。
なんというか場違い感を感じて神宮球場へ。ヤクルト阪神戦。七回裏から観たのにアタシが行ってから点を取ってくれるヤクルト打線の優しさたるやいなや。うれしい。セカサカ(セカンド坂克彦)も観られて良かった。
館山はヒーローインタビューでご機嫌だった。
信濃町駅で坂ユニ着た女性と写真撮ったりと楽しかった。酔ってるが故の社交性。
かなり酔っぱらいながら帰宅した。