読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トピア内野手の463トピア

トピア内野手のブログ。華麗にゲッツーを捌き、打席では進塁打を打てる選手目指します。

銀紙にくるまれたアレ

私はヤクルトファンだ。パリーグで言うなら千葉ロッテマリーンズも好きだ。
千葉ロッテマリーンズの監督に就任してからの伊東勤さんが大好き!と言うか性的な目で見ているが、球団で一番好きなのはヤクルトだと思う。

神宮で見る野球は格別だ。都会の中にポコッとある神宮の杜。ビルにかかる夕日が落ちていくのを観ながらの野球観戦。とても贅沢だ。

神宮球場はチケットがべらぼうに安い。貧乏人には最高だ。ファンクラブに入っていれば外野自由が1100円と言うスーパープライス。そりゃ酒や球場グルメに使いますって。

ブルペンが見られるというのは何よりも贅沢だと思う。アクセスだって最高。著しく観づらい席はない。神宮は個人的にはパーフェクト球場なのだ。

雨の日も、風の日も、神宮はいつでも素晴らしいが、たまに行く東京ドームの楽しみについて話したい。先日WBCに行って思った。

やっぱり「ドームエッグバーガー最高だな…」と。

450円。存在感たっぷりのビーフハンバーグ(合い挽きかは知らないが)の上に半熟卵、マッシュポテトらしきものにケチャップ、マスタード。それらを給食に出てきそうな少し湿っぽいパンで挟んでいる。銀紙にくるまれそれは出てくる。450円。大きくもなく、小さくもない。まあ、こんなもんかな。球場グルメで考えたら安いよな。フムフム。といつもどおりかぶりついた瞬間どっしりとした肉とともに口になだれ込んでくる半熟卵。柔らかい純白(と言えなくもない)の白身。黄身の名は。若い男女が入れ換わったり、ラブロマンスもないが毎回感動してしまうのだ。

正直、私は圧倒的に米派である。パンはすぐにお腹がすくのにカロリーは高い。油ギッシュだ。中性脂肪の敵やんけ。以前平均は130以下でなくてはならない中性脂肪の数値274を記録したことがある私としては、なるべく避けている食べ物だ。米のほうが心身ともに満足できると信じてやまない。

ただ、東京ドームのドームエッグバーガーは最高である。肉、卵、パン。タンパク質と炭水化物の美味しいところがギュッ!と詰まったような味。肉がとてもしっかりしているので肉を噛み千切って動物的な気分で試合を観るというのをお勧めしたい。

口の中で起こる黄身の波に乗る。中日の監督を辞めてからサーフィンに勤しむ(いそしむ)谷繁よりもいい波に乗っている自信がある。

ドームエッグバーガーを私と同じぐらいニヤニヤしながら買う人間を見たことがない。I have never seen?安室ちゃんでなくとも熱唱してしまうぜ。なぜ?ドームエッグバーガー大好き!そんな声があまり聞こえないのだろうか。もっともっと叫ばれてしかるべきだと思う。

いつま~~でも変わらぬあ~~~いを~~~君(ドームエッグバーガー)に届けてあげたい♪ 私の中の織田哲郎が歌ってしまう。

もし、愛を叫んでいるし、なんならドームエッグバーガー友の会だってあるけどお前が知らないだけじゃねーか!というお声があったらお待ちしてます。