トピア内野手の463トピア

フリーライター・トピア内野手のブログ。野球やドラマや思う事などなど。

つとむのことはとっても

あなたのことはそれほど」というドラマを毎週楽しみに観ている。波瑠主演のダブル不倫ドラマ。あなたのことはそれほどの後には「好きじゃない」が来るのだろうか。原作未読の私は「そこまで好きじゃないと思ったけど、君みたいな優しい人と結婚できて良かった!幸せだよ!大好き!一生シクヨロ!オーイェー!」的なアットホームなドラマかと思っていた。
毎週毎週、修羅場を見せられている。修羅場と言うよりか、ドロ~ッとネバーッと逃げ場がなくて気持ち悪い。妻(波瑠)が不倫して旦那(東出昌大)に愛想つかされて離婚!じゃなくて不倫したけど、「僕(東出)にとってみっちゃん(波瑠)以上の人はいないし、みっちゃんにとっても僕以上の人はいない…」と信じきる旦那。携帯見ちゃう旦那。不倫相手の家族に接触しちゃう旦那。
波瑠と不倫相手が賢くこそこそやってくれたら良かったのに。なぜあいつら近場で不倫するんだバカ。
せめてバレないようにやるのがルール。詰めが甘くてバレちゃうから傷つく人がいて修羅場へ。ああ怖い。私ははっきり言うと浮気してもいいけど、うまくやってにゃん☆派である。バレなきゃわからないですから。自分の生活圏で浮気されたらムカつくなあ。アタイとの思い出混合しねえのかってさ。胸糞悪い。

全然話は変わるが、「あなたのことはそれほど」というタイトルを見る度に脊髄反射的に「つとむのことはとっても」が浮かんでくる。対義語として。
つとむうはこのドラマに一切関係ないのに。波瑠の中学の同級生で不倫相手の有島くんよりつとむうのほうが魅力的なのになんでよって思うし、やっぱりつとむうがナンバーワンじゃね?ナンバーワンよね?ってなる。
私の生活、日々の潤いにつとむうはなくてはならぬ存在なんだってグッと来ちゃう。
今日だって本当はドラマのこと書きたかったのに。やっぱりつとむうのことを書きたい。
なんでパラデス使うんだよとか思っても、つとむうは今まで体験したことがないくらい負けてパニック起こしてるから仕方ない。むしろどうにもできない自分の無力さを反省している。暇があれば声援送り続けなきゃって思ってるのに。暇なのにお金がなくて球場に行けないレベル恥ずかしい。つとむうごめんよって謝罪と懺悔モードになってしまう。つとむうの響きだけで強くなれる気がした。優しくなれる気がした。
この気持ちを大切にして今後もつとむうを愛しつづけていきたいと思っています。