トピア内野手の463トピア

フリーライター・トピア内野手のブログ。野球やドラマや思う事などなど。

トピア内野手の必殺勤め人

Baseball Crixさんで連載させていただいているコラム、「トピア内野手の必殺勤め人」第二回がアップされました!
https://bbcrix.com/articles/69333/original

つとむうこと、伊東勤さんへの愛を叫んでます!
第二回ですし、明るいコラムが書きたかったんですけど、ロッテ借金30を無視するのはね、ということでロッテの現状も書いてます。
書いた直後は怪文書っぽいかなと気にしてましたが、落ち着いて見てみるとそうでもなかったです(笑)
前回以上の情熱はあります。
繰り返しとなりますが、私は何の実績もありませんし、連載を長く続けていきたいです。
お時間ありましたら見ていただいて、面白いなと思ったらLIKEをおしていただけると嬉しいです。

拡散をいただいている皆様、ありがとうございます。
面白いコラムが書けるよう今後も努力しますので、よろしくお願いいたします!

P.S
オリックスナイト、遅くなっておりまして申し訳ありません。水曜日までにはアップします。

想い出尽きない魔将の男

「ヤクルトファンの意地を見せてやる!」

6月3日、神宮球場の三塁側内野A指定席で叫んだ。もちろん心の中で。勝利投手の西武佐野のヒーローインタビューを聞きながら、怒りに震え球団公式サイトにアクセス。もちろん翌日の試合チケットを取るためだ。

館山の今季初登板は1イニング3ホーマーを打たれ3回4失点。11-2で5連敗を喫したスワローズ。得点は山田哲人の2ランホームランのみ。交流戦5戦全敗。毎年パリーグにカツアゲされている。完全に力負けしたけれど、明日こそは交流戦勝利を見届けてやる!完全に意地だった。俺はいつでもムキムキムキムキムキになる。絶不調の山田が今度こそ復調するかもしれない。鵜久森が逆転満塁ホームラン打つかもしれない。誰か打つでしょ!そろそろ爆発するでしょ!? とドリーム溢れるスワローズ。野球はドラマだし、人生だ。スワローズには博打のような魅力がある。

翌日、ある選手が二軍から上がってきた。ディーン・グリーン。巨漢で左打ちの内野手。淡々と負ける現状、ムードを変えてくれるだろうか?

この日も先制され最大6点差をつけられるスワローズ。8回に4点差に迫る2点タイムリーツーベースを打ったグリーン。その後センターフライでグリーンの足じゃ無理だろうと思いきや、二塁から三塁へタッチアップ!ドスドス…と聞こえそうな走塁ながらもしっかりセーフに。ファンの間で少しの笑いと大きな喜びが溢れた。私はグリーンの一生懸命さに心洗われた。「プロは結果残してナンボ」という意見は当然だが、全てのプレーが結果に直結するわけではないからこそ、勝つためにどうプレーするかが大事だと思う。ベンチ、ファンの士気を上げたタッチアップは得点に繋がらなかったが、9回にも1点差に詰め寄るタイムリーを放ち3打点の活躍。結果は8-8の引き分け。ただの意地で行った試合で、野球の面白さ、楽しさをグリーンが改めて教えてくれた。

9回裏2アウトのグリーンのタイムリー直後、大引の打球を西武源田が悪送球して同点になった。名手に珍しいエラー。アレ…? なんか見たことあるぞ。ファンに愛された外国人選手、アーロン・ガイエルを思い出した。

ガイエルは見ていてとにかく楽しかった。記録よりも記憶に残る、数字以上のワクワク感があった。ガイエルがいるだけで不思議な事が次々起こる。平凡な打球を野手がエラー。古田の引退試合では野手が交錯しランニングホームラン。突如投手のストライクが入らなくなり四球で出塁。チームで一番ホームランを打っていても、バットを振らず、もしくは何かが起こり出塁した印象のほうが強い。数字を見てみると出塁率がずば抜けており、打率より1割以上も高い。NPB 5年で通算打率.236、出塁率.357。ホームラン90本。意外と打ってるホームランも含めなんとも味わい深い。死球も多かったが、全く怒らない紳士だった。始球式でもFC東京平山相太に当てられた。しかしなぜ打者ガイエルだったのだろう? あの日は五番だったのに。死球式を予期していて一番の川島慶三を守るため? むしろガイエルだから当たってしまった? 謎は深まるばかり。

地方球場のスコアボードで、ガイエルの名が「八王子B」と誤表示されたことも。空間を操っている、魔将ガイエルと呼ばれ(ネタにされ)愛されていた。「魔将」はネット発祥のあだ名だが、某夕刊紙がチクッたため本人公認だ。契約が危ぶまれた際「このチームで優勝したい」と球団に手紙を書き残留。チーム愛があり、常に全力プレー。成績、人柄、珍事の絶妙なバランス。誠に遺憾ながら、故障と外国人枠の関係で2011年に退団。私は絶望した。ガイエルはいてくれるだけで良かったのに。

エピソードが尽きないので追いガイエルさせてもらいたい。

ある日デントナが放ったポール際のホームランを中日落合監督(当時)がファウルだと抗議している最中、ガイエルNPBの温暖化防止スローガンの「Let’s 省 Time!」ボードをベンチで掲げニッコリ。当時はビデオ判定がなく、長引く抗議を皮肉っていたのだ。そして翌年ビデオ判定が導入され、適用第一号はガイエルのホームランだ。歴史に名を刻む!さすが奇跡を呼ぶ男。

一番印象深いのは、イ・ヘチョンが中日森野に死球を当て乱闘が起こったときのガイエルだ。ライトの守備位置から猛ダッシュ!ライトスタンドから観ていたが、背中がみるみる小さくなるほど俊足だった。仲間を守るため外野からマウンドへチャージ掛ける選手ほかにいるだろうか? あれから何度も乱闘を見たが、ガイエルは誰よりも速かった。

グリーンのホームランはガイエルの弾道に似ている。フォアザチームな姿勢も。ルーキやギルメットも巻き込み、ベンチから念を送るグリーン。何かが起こりそう。ガイエル以来の期待感が日に日に高まっている。

グリーン、これからもよろしく。2代目魔将になってください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以上、文春野球フレッシュオールスター落選作となります。文章は全く直してません。送ったままです。

【自己レビュー】
ガイエルとグリーンへの情熱、ヤクルトスワローズ愛だけは伝わるコラム。

②エピソードが多すぎる。いくつかに絞ってひとつひとつ詳細を書いた方が伝わりやすかったかもしれない。エピソードの多さにこだわったので後悔はしていませんが、今後気を付けます。

③そもそもフレッシュオールスターなので、今いる選手を題材にしたほうが良かったのではないか?とそもそもの疑問。過去より未来。でもどうしてもガイエルが書きたかったので後悔していない。

④魔将、追いガイエル(追いオリーブの流用)等ネット用語が多いので醒められた可能性あり。追いガイエルに至っては完全なる悪ふざけ。あのとき、私はどうかしていた。

パリーグにカツアゲされているは例えとしてイマイチ。

⑥スコアボードに誤表示のくだり、唐突で接続詞がないので気持ち悪い。違和感がある。

⑦最初の「ヤクルトファンの意地を見せてやる!」のくだりはいらなかったかもしれない。そのときの心境を描写したかったので入れたが、読者からは本題に入るのが遅い!となっている可能性あり。

このブログは文春野球フレッシュオールスター開催前、出場選手発表前に書いております。
そのため的外れなところもあると思いますがご留意ください。
自分の文章がどうだったかということのみに焦点を置いております。
連載中の必殺勤め人では使えない内容なので、こちらで発表させていただきまた。
お読みいただきありがとうございました。

2017年7月12日 トピア内野手
――――――――――――――――――――――――――――――
2017年7月15日 追記
後出しになるのが嫌で書いていなかったのですが、自戒の念を込めて書きます。
掲載された8作品を見て、私の文章にはドラマがないから載らなかったんだなと強く痛感しました。
人それぞれ、思い入れやドラマがあって……伝わるものがありました。

イースタンDeNA】1998年10月8日、池袋東口で
http://bunshun.jp/articles/-/3320

黒田創さんの作品がとても素晴らしく、グッと来ました。勉強になりました。
横浜ファンのみなさま、それ以外の方もぜひ読んでみてください。
残念ながら投票はもう終わっておりますがおすすめです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

文春野球フレッシュオールスターに落ちた話

簡潔に言うとタイトルどおりです。
はっきり言ってむちゃくちゃ悔しいです。
速攻報告と言いつつ遅くなったのはめちゃくちゃ悔しかったからです。ごめんなさい。
これを糧にし、今後頑張ります。
落ちたコラムは後日ブログで載せたいと思います。自己レビュー付きで。興味ある人いるのかどうかわかりませんが(苦笑)。
度々申し訳ありませんが、オリックスナイト、まだ書けておりません。ごめんなさい。今週中にアップしますね。
第二回のトピア内野手の必殺勤め人も書かなくてはなりません。馬鹿馬鹿しくて楽しいコラムにしたいと思います。

第一回はこちら
勤と私~2013年、出会い【トピア内野手の「必殺勤め人」 vol.1】
https://bbcrix.com/articles/68043

いつも、気づけばつとむうに

前回のブログで予告オリックスナイトしておりましたが、予定を変更してみなさまにお伝えしたいことがあります。
オリックスナイトをお待ちいただいていた皆様には申し訳ありません。

f:id:SANTOPIA:20170711045639j:plain
7/10からBaseball Crixさんで連載をすることになりました。コラム初回もアップロードされております。
ぜひぜひぜひ!観てください!

トピア内野手の必殺勤め人
勤と私~2013年、出会い【トピア内野手の「必殺勤め人」vol.1】
https://bbcrix.com/articles/68043

その他、名著「いつも、気づけば神宮に」の著者・長谷川晶一さん、スージー鈴木さん、鳴尾浜トラオさん、ザ・ギース尾関さん、藤井ペイジさん等々凄い方々もコラム連載しておりますので、ぜひぜひ読んでみてください!
長谷川晶一さんはとても尊敬している方なので同じ媒体でやる日が来ると思いませんでした。
「いつも、気づけば神宮に」は最高のヤクルト本です。長谷川さんの極私的ヤクルト史ということもあり、どんな意図で質問したか?という心境もあり、インタビュー術もわかります。それを載せてくれる長谷川さんの懐の深さを感じました。
今日のブログタイトル、勝手にパロディしまして申し訳ありません。

Baseball Crixさんのコラムニスト紹介ページです。
https://bbcrix.com/articles/originals/68089

私は何の実績もないため、アクセス数が芳しくなかったたり、コラムそのものが面白くないとすぐに連載終わってしまいますので、慈悲の心でよろしくお願いいたします!
野球のない月曜日、馬鹿馬鹿しいコラムをお届けできるよう頑張ります!!!

先程のBaseball Crixさんのツイート画像にあります、「特定の人物への深すぎる愛情コラム」とは私のことかもしれません(笑)
私のためにありがとうございます(笑)!

よろしくお願いいたします!

いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」

いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」

グッチーのお誕生日にビッキーのこと愚痴りたい気分

ハッピバースデーグッチ~ハッピバースデーグッチ~ハッピバースデーディーアグッチ~ハッピーバースデ~グッチィィ~♪

グッチー!33歳のお誕生日おめでとう!老若男女関係なく、ユニを買わす男グッチー!本当におめでとう!トピアも神宮に駆けつけようと思いきやもろもろ忙しい&高い席しかチケットがなく…。泣く泣く働きます。7/8(土)はチケット押さえたので33歳のグッチーを目に焼き付けたい!

グッチーのお誕生日はめでたい。とにかくめでたい。でも悲しみに包まれている。大引が肩や諸々の負傷で二軍落ち。以前いたトニー・バーネットに「大引は打たなくてもいい。いてくれるだけでいい」と言わしめた守備力。しぶといバッティング。チャンスへの強さ。勝ちたい気持ち。いいところはたくさんある。そんな大引までもが怪我をしてしまった。悲しみが止まらない。もうひとりで歩けない。

川端慎吾畠山和洋、雄平、大引啓次。今は野手だけ挙げたが投手陣も怪我人はいる。私のようなファンにはお祓いしたら?くらいのことしか言えない。困ったにゃん☆と先日引退したももちのようなテンションでつぶやく。家で。何も変わらないし、人前で言ったら大変なことになるなと思うだけ。絶&望。もう若手に切り換えてくれ。山田二世との呼び声高い廣岡大志を使うのもいいでしょう。ファンはロマンを見てしまう。首脳陣や選手が見ているのは現実なんだけれど。

雄平でとどめを刺されたと思ったら大引。どうしよう。昨年がんばっていた下町スワローズよ!いまこそ力の見せどころよ!山田やバレンティンがいて下町って!と言われそうだが、山田の打率、ロッテのジミー・パラデスとほぼ同じですぜ。小宮山悟に打撃投手の球打てないし、これじゃダメだと言われたこともあるパラデスですぜ。パラデスは(思ったより)打つじゃん!→クソボール振るじゃん!→エラーもするじゃん!が延々ループしてる。パラデスいいやつなんだけど、アタシもう疲れちゃった。当たればきっと飛ぶかな。飛んだらいいな。みたいな存在。山田はマークがきついし、死球の影響もあるんだろうけど…ミスタースワローズの背番号1。そんな簡単に休んじゃいけないけど、もう簡単の領域超えてると思うのよね。山田には充分夢を見させてもらったさ。山田がいなきゃ2015年は優勝できなかった。責める気持ちはないし、試合に出ている以上応援することしかできない。でももし二軍落ち志願したら、落としてあげてほしいなと思っている。

話は変わりますが、新たなステージに向けて少しずつ動き出しております。ただ、まだ公表できないのです(笑)
やってみたかったお仕事。頑張ります。

なんでこんなにブログ更新遅れたのかって文春野球フレッシュオールスター、( http://bunshun.jp/articles/-/2797 )です。2本出しました。でも1本は文字数を常識で超える範囲でオーバーしていたので、たぶん選考外です。「田中浩康ラプソディ」って呼んでます。話がまとまらなかったので、きれいに直して、いつか発表出来たらいいなと思います。

今回、文春野球フレッシュオールスターは100本を超える原稿が届いたそうです。( http://bunshun.jp/articles/-/3200 ) BIKKURI!!!
個人的には「20いかないでしょ、よっぽどのことがなければ全員掲載でしょ、2000文字なんてめちゃくちゃ大変だし、四半期末だからみんな忙しいでしょ」と思っていたので、面食らいました(笑) ソーリー文春野球。フォーエバー文春野球。選考外になるかもしれませんが、落ちても受かっても発表します。落ちたら速攻発表します(笑) 需要があろうとなかろうと落ちた原稿をブログで公開…するかもしれません。

6/29にオリックスナイトというすばらしい~たのし~いイベントに行きました。本当に楽しかったので、次回ブログではオリックスナイトをレポりたいと思っています。予告オリックスナイト。

今日知って一番ショックだったのは、つとむうこと伊東勤さんの殿堂入り表彰をZOZOマリンスタジアムでやるかと思っていたら、ナゴヤドームだったことです!怒!怒!トピアの大激怒~♪マジで気が利かないですよね。ZOZOマリンでやればいいじゃないと。自分の確認ミスですが、こんなショックなこたーないよって話ざんす。当日、予定を入れてしまいましたため、後でスマホが擦り切れるまで見たり、BDレコーダーから火が出るくらい、何度も確認します。
つとむうは後で見たとしてもとても素敵だから…。

わたしを苦しめないで

f:id:SANTOPIA:20170623232057p:plain

久々にスポナビアプリを開いたらこれ。石直球ぶつけられた気分。
今日の試合結果が見たかっただけなのに…怒
井口さんの引退なんて受け入れられないし、大仁田厚とか、辰吉丈一郎みたいに何度も復帰してよくない?よくない?
井口治大(ただひと)とか雄太、井口年晶で復帰してよくない?
井口さんならどんな改名だって許すよ。井口さんを実力で追いやる若手カモン!オッケーセルフサービスッ!みたいなことですか。そうですか。
この場合のセルフサービスってなんなのかわからないけど、ツラいときサンシャイン池崎さんのことを思い出すだけでハッピーになれる。
これって恋ですか?
違います。
私にとっての恋はつとむうこと伊東勤さんです。
つとむうを思うだけで心は強くなれる~ずっと見つめてるーからー指揮執りつっづけて!
つとむうと私は一生マイフレンドになることはないけれど、でも一方通行な気持ちでも心豊か(not和田,not運命共同体)になれる。ありがとうつとむう。この気持ちを忘れずブレーキランプを4回点滅させたい。つとむう~のサイン~♪って。
つとむうを今すぐ見に行きたい気分だけど、今日は神戸なのね。おいしい牛を食べるつとむうを想像して、魂焦がすしかないわね。
涌井も勝ったしサントスも出てたし、(ロッテが勝って)ほっと(したし)もっと(つとむうが好きになるし推したくなる)フィールドで試合だったのね。
いわゆるどん語を使ってみたのにムチャクチャ解りにくくて反省している。
それがアタシ、トピア内野手よ。
芸人辞めてもトピア内野手。名前を自由に使える喜び。フリー(でしか活動したことがない)芸人の物悲しさ。かなしみのため息、独り身(ピン芸人)のせつなさ。
でも安心してください。
つとむうを好きなのは本気なので今後もTwitterでキャアキャアし続けます。キリッ!ドヤッ!って顔しながらツウィーティングし続けますので、ヨ・ロ・シ・ク!
#千葉ロッテマリーンズ

Here Comes Your Man

さっきSEIYUでピクシーズのHere Comes Your Manがかかっていてとても嬉しかった。
洋楽はあまり詳しくないがピクシーズはむちゃくちゃ好き。2005年にZEPP TOKYOで観たライブは最高だった。演奏ヘタクソなのに味わいがあって音に妖艶さと破壊的要素混ざってて不思議な音楽だった。
見た目は体型のいいアメリカのおじさんおばさん。
Wikipedia見たらキム・ディールが抜けててショック!ブリーダーズは来日しないのかなあ。

そいえば最近ショックだったことのひとつとして、ソニックユースからキム・ゴードンが抜けてたことです。ボケッとWikipedia見て知った。
しかもサーストン・ムーアが若い女と不倫して離婚て!きまずさマックスすぎるぜ!
サーストンもふつうの男じゃんってガッカリした。才能ある昔からの戦友、同士よりも若さなのかって。公私ともに長年一緒にやってきてお子さんもいるから関係性は変わってくるんだろうけどさ。アイラビュー!アイラビュー!アイラビュー!フワッチャネーム!は絶対キム・ゴードンに歌ってほしいっつーの。誰が歌ってるんでしょうね。そもそもこの曲やるのかな?ちょっと調べてみよっと。
ソニックユースの100%、プロ野球選手が出囃子にしたら絶対応援するのになあ。屋外球場に響き渡るノイズ、夢がありますよね。
ノイズミュージックが苦手な私でも好きな100%。フジロックで聴けたときは本当に嬉しかったな。
今はマッシブアタックを出囃子にしてるDeNA久保康友さん、ソニックユースはいかがですかね?ピクシーズでもいいと思いますよ。
西澤千央さんの文春野球コラム(
http://bunshun.jp/articles/-/3012 )を見てそんなことを考えました。

Sonic Youth / 100%
https://youtu.be/0PxP_S8t6Xw

Here Comes Your Man

Here Comes Your Man

PS.
文春野球コラム、フレッシュオールスターがあと5歩くらいまで来ているのに進みません。
ブログ書いてる場合かよって話ですが文章へたくそなので練習とグルーヴ感を出すためにどんどんブログは書いたほうがいいわよねと思ってます。
誰にも頼まれていない文春野球コラムですが、私もやりたい!ってな気持ちなので頑張ります!

ピクシーズソニックユースはつとむうこと伊東勤さんと同世代かどうか調べたかったのに生年月日が調べられなくて悔しかったことも併せてご報告いたします。

つとむうの足の続報まだですか?(五七五)

とっかいのすっきまにアパ~ホテルッ!
そんなアパホテルオリジナルソングを勝手に作り口ずさんでいた。
意外とアタイもイケるわね、クリエイティブだわねなんて思いながらここ数ヶ月歌ってたけどさっき気づいた。まんま太陽のKomachi Angel。洒落たヒールでキレのあるステップ!のところ。やっぱりB'zは偉大だ。オリ姫デーじゃないほうのビーズ。ビーズって字面を見ると必ずTheピーズが観たくなるタイプの人間。それがアタシ、トピア内野手です。

すごくどうでもいい話なんだけど、昔付き合っている男のおシンボルを密室で触り続けていたら「おちん好きねえ」と言われ「違う!おちんが好きなんじゃない!おちんを見ようが触ろうが許されるというこの関係性が!嬉しいだけ!」と言い返したことを思い出した。苦笑いする私の元男。苦笑いされる意味がわからなかった。今にして思う。あれは「ちがうよお(はあと)。◯◯クンのことが…好きなだけ!」と伝えるのが正解だったのか。でもただのティンコ好き娘だと思われたくなかったんだ。こういう変なこだわりが自分のめんどさたるゆえん♪なのかもしれない。今のは伊藤光の応援歌で歌ってください。
野球がないって思ったよりツラい。つとむう伊東勤さんは交流戦終戦で東京ドーム(狭いし高い)のトイレのドアを蹴っ飛ばして足を負傷するし、その後の状況は聞こえてこない。
なんとあの井口資仁さんが引退と悲しいことばっかり。井口さんが辞めることをとても受け入れられないのでなにも言う気になれない。言いたいのは辞めないでってことだけ。
こんなときは鉄の塊にまたがって自分の命を揺らしたいもんです。アイスキャンディーをくわえながら自転車で走ってたころを思い出したりしたいですね。
あと、ミッシェルガンエレファントよりBLANKEY
JET CITY のがガチだろ!マジで不良だし、歌詞完全におかしいじゃん!大卒ミッシェルと一緒にすんなよ!って理論を死ぬまで言い続けたい。
ちなみに今ブランキーで好きなのはこの曲です。
https://youtu.be/32LSiZqndkk

ポジティブクズ~謎の魚の第三形態に救われた日

6/11(日)

この日のチケットは間違いなく、ZOZOマリン発券。何度も確認した。昨日と同じ轍は踏まない。少し成長した気がした。マイナスからゼロに戻っただけなのに。なんてポジティブなのか。

録画した番組を見ていたら、昨日と同じ時間になってしまった。13:01東京発、特急わかしお自由席。特急料金+510円。タイムイズマネー。だが、飲酒もできるし快適なので良しとした。車内で文春野球フレッシュオールスター( http://bunshun.jp/articles/-/2797 )の原稿を書いていた。メールでベタ打ち。なんとまあ、うまく書けない。この言葉を入れたい!というのは合っても組み立てがいまいち。構成をしっかりしてから書きたいと思っていたが、書かないと〆切過ぎてしまうかもしれないと書いてから調整することに。大して進まず、自己嫌悪。

海浜幕張駅着。運よくZOZOマリン行きのバス(現金100円/ICカード160円)に乗り込む。チケットを悠々と引き換え、レフトゲートへ。ビジター応援席を見てびっくり。開いている席がなかなかない!日曜日だというのに。

ヤクルトの交流戦勝利を見届けたい熱心なファンがたくさんいると胸が熱くなった。なんとか前のほうの席(つとむうこと伊東勤監督も肉眼でぼんやり確認できる)をゲット。

  今日はロッテの先発が佐々木千隼。ヤクルトはブキャナン。ブキャナンは私がヤクルトスワローズで今一番信頼している先発投手だ。球もいい。コントロールもいい。イニングは食う。登板間隔が狭くなっても文句を言わない。バッティングも一生懸命。ノンフィクションライターの長谷川晶一さんが伊藤智仁コーチにインタビューしたとき( http://bunshun.jp/articles/-/2417 )も、ブキャナンへの信頼や親心を口にしていた。「ブキャナンはなんとか勝ちをつけてやりたくなる投手」だと。ヤクルトファンにもそれは伝わっていた。ブキャナンに勝ちを付けてあげてほしい。そんな気持ちでたぎっていた。

この日のヤクルトは初回から先頭打者の坂口、二番上田の連続3ベースで試合開始から3分もたたないうちに先制した。三番山田もヒット。打者12人の猛攻で7点を奪った。ずっと咲き乱れる傘の花。佐々木の不安定な立ち上がりにきちんと付け込んだいい得点だった。1回裏のブキャナンは先頭打者から連続ヒットでノーアウト二、三塁。不安な気持ちになるものの、三番打者角中を良い当たりのセカンドライナーで抑え、飛び出したロエル・サントス(キューバの走り打ち外野手/年俸2,200万)をセカンドフォースアウト。サントスがしばらく立ち上がらず悔しがっている姿が印象的だった。サントスからしたらなんとも不運。ヤクルトからしたらこの上ないラッキーなゲッツー。四番パラデスも落ちる球で空振り三振に抑え、なんとか三者凡退。とても安心した。

まあこれなら少しだけ目を離しても大丈夫かな、ブキャナンだし。と大好きな曽根会長のモツ煮を購入するためバックネット裏のサンマリンへ。480円と球場グルメではだいぶ安く、モツも野菜もたっぷり、何より生臭さがほとんどない逸品のモツ煮。他でモツ煮が食べられなくなってしまったレベルの美味しさ。ZOZOマリンでは内野で見るのが好きだが、サンマリンのモツ煮を食べるために外野に行っていると言っても過言ではない。どれだけ気温が高かろうが、モツ煮は最高だ。つとむうがいる素晴らしい球場で食べるおいしいモツ煮。押し寄せるモツ煮×つとむう。アルコールとつとむうに同時に酔う。幸せとはこういうことか。モツ煮を食べ終え、自席に戻った瞬間坂口が犠牲フライでまた1点追加。閉じる暇のない傘。たまらぬ多幸感。3イニング目が終わって8-0。ちょうどお酒もなくなったのでぶらりと買いに行くことに。

千葉ロッテマリーンズも好きな私は親会社のロッテに貢献しなくちゃと内野コンコースにあるロッテリアでチキン南蛮バーガーを購入。450円。アルコールも飲みたいわとヤクルトスワローズ戦戦限定アルコール、ブルーサワーと言うものが出ていた。ブルーハワイ味のサワー。要は水色の甘いサワーなんだろう。でも500円と安いから買うぜと思いきや、チケットフォルダーに手を入れ、あることに気付いた。

あれ・・・?入れていたはずの5000円札がない。チャックと言うチャックを全て開け探すもない。完全に落とした。サンマリンに行く前、トイレにより、スマホ5000円札を同じところに入れていたことを思い出した。モツ煮を食べながら、スマホを取り出し、きっと落としてしまったんだろう。とても情けなくなった。5000円札を裸で落として見つけるなんて不可能。機能性抜群のチケットフォルダー。なぜチャックがついているポケットに入れておかなかったのか。入れないのか、入れられないのか、入れる度胸もないのか!トピアのズボラッ!いくじなし!と自分を思いつく限り罵倒し、チキン南蛮バーガーを食べながら、ロッテの謎の魚の第三形態への変貌を見ていた。チキン南蛮バーガーは鶏肉がジューシィでおいしかったが、なにより謎の魚には驚かされた。頭が取れた…?いや、いきなり口から骨が出てきた。演出ミスじゃなくてよかった。頭のとれたマスコットじゃなくてイリュージョンだったのだ。なんてハラハラさせるのか。数年前マスコットのマーくんの頭が取れたことをあえてパロっているのかい?アメイジングなことが立て続けに起こり、5000円札のことなんてどうでもよくなってしまった。ハイテンションになるトピア。とりあえず、酒は飲みたいと球場外周のマリーンズショップのATMへ。無事に3000円を下ろした。これで何杯かは飲める。私に怖いものなどなかった。

 大好きなブキャナンが7イニング目を投げ切った。2点は取られてしまったが、7回2失点ならHQS達成だ。素晴らしい。ありがとうブキャナン。8回表に上田剛史が犠牲フライを打ち、9-2。価値ある追加点だった。直後の山田のハーフスイングで三振は気になったが、勝ちは手堅いだろう。

8回からはルーキが出てきた。この日はあばれんぼうルーキでストライクが全然入らず、三者連続フォアボールでノーアウト満塁。肝を冷やし、ざわつくスワローズファン。伊藤智仁コーチは情に厚いのでルーキは代えないだろう。続投し、角中にタイムリーを打たれ9-3。パラデスなら三振が取れるはずだと祈るも、満塁からセカンドゴロで、9-4でワンナウト満塁。次打者鈴木大地でサウスポーの久古にスイッチ。見事見逃し三振に切って取る。これ以上ない大仕事。そしてなんとクローザー秋吉が登板・・・!7イニング目までは考えていなかった展開。ダフィー、大嶺翔太に連続タイムリーを打たれ、9-6。だが、秋吉以上の投手はいないので信じるしかなかった。そして根元を空振り三振。しんどい場面を投げ切ってくれた!何とかなった!と力強くガッツポーズする自分がいた。9回表は残念ながら無得点のスワローズ。ただ、秋吉だから大丈夫と落ち着いていた。

運命の9回裏!は秋吉が三者凡退に切り、交流戦勝利。なんと素晴らしいことか。勝利東京音頭は久しぶりだった。ヒーローインタビューでブキャナンはスワローズファンを「家族」と表現。この上ない美酒となった。二次会で夏祭りで「真中!」とコールするレフトスタンドのスワローズファン。まだあきらめていないこと、指揮官への信頼を表現するファンに心を震わされた。こういった温かさを持つ応援団のツバメ軍団のみなさんにはいつも頭が下がる。いつもありがとうございます。

幸せな気持ちで帰宅。ZOZOマリンで2日で使ったお金は1万8000円。チケットを忘れたり、お金を落とさなければ、8000円だった。スワローズの交流戦勝利があったので救われたのだ。今度は絶対チケットを忘れたり、5000円札を落とさないようにしよう、そう固く心に誓い、小さな巨人を見ながらうとうと寝てしまう。目が覚めたら香川照之長谷川博己が顔芸を繰り広げていた。

ポジティブクズ~ZOZOマリンにお金を落とした2日間

こんにちは。トピア内野手です。
本日のタイトルについてですが、お金を落としたというのは、情けないほうの意味です。
決してグルメや酒をものすごく堪能したとか、グッズを大量に買い込んだという意味ではありません。
こうはならないでくれよなってメッセージを二回に分けてお届け。ミス反面教師。ぼくたちの失敗。いや、トピア内野手の失敗。はっるの~木漏れ日の~なかで~きみの~やさ~しさに~埋もれてーいた~僕は~弱虫だったん、だよね~

6/10(土)
ZOZOマリンスタジアム千葉ロッテマリーンズvs東京ヤクルトスワローズ戦。
7:30~11:30の仕事を終え、東京13:01発、から特急わかしお号に飛び乗る。実際には余裕でライドオン。
自由席も確保し、芸人をやめる旨のブログ( http://santopia6810.hatenablog.com/entry/2017/06/10/155803 ) を更新していた。
13:14。更新している途中で気づいた。
「アレ・・・チケットがない」
2700円で購入した外野ビジター指定席チケットが見当たらないのだ。中学生の部活動で使うレベルのチャックいっぱいの大きな鞄に大切に忍ばせていた。しかし、今日はヤクルトスワローズファンクラブ会員がもらえるトートバッグで来てしまった。財布を探すももちろんない。トートバッグをがさごそやるももちろんない。ミスってしまった。取り返しのつかないミス。小川泰弘の二けた勝利を落球で消した飯原誉士クラスのミス。応援傘やチケットホルダーは前日から用意していたのに。というか、チケットホルダーに忍ばせれば良かったのに!いつもZOZOマリン発券にしたから忘れてしまうのか。私のバカ!バカバカ!ただ、希望は捨てない。とりあえず、わが友Twitterでチケットを探してみることにした。


この日のビジター席は完売。チケット転売サイトチケットキャンプを見てもない。13:24 海浜幕張駅に到着。とりあえずZOZOマリンについてから決めよう。失意のまま歩き13:32に到着するも、私のスマホに連絡はなかった…。(戦力外通告を受けた男たち風)
試合を見たいことには変わりはない。最悪クレジットカードがあるから多少高い席でも支払いはできる。チケット販売窓口はそこそこ混んでいる。Mチケットオンラインにアクセスし、14:43頃、3塁側内野指定S席(5100円)を購入した。11列目とグランドにかなり近い席をエポスカードで。エポスカードから5100円の利用がありましたとメール。わかっているよエポス。間違いなく私が使ったんだ。サンキューエポス。
年に数試合の交流戦。大好きなヤクルトスワローズと愛するつとむうこと伊東勤監督率いる千葉ロッテマリーンズ。つとむうやスワローズの選手たちをもっと近くで見たら良いのでは?という神のいたずらだったのかもしれない。いや、私は仏教徒なので仏の気まぐれ。サンキュー仏。こんなことを書くと、簡単に新興宗教とかマルチ商法(現在はネットワークビジネスと言うらしい)にはまっちゃうんじゃないの?と心配されそうだが、それはない。母と人身事故(電車)は起こさない。新興宗教には入らない。そう約束しているので大丈夫。チケットを取れた安心感からそんな余裕をぶっこきながらWebチケット引き換え窓口に行った。
番号を伝えるも・・・見当たらず。なんと当日Webでチケットを取った場合は、30分後に反映されることになっているらしい。待つしかないと言われ失意のどん底。とりあえず、待つしかないので飲むことにした。もぎたてパイン9%。どん底から地下5メートルくらいの気持ちにしてくれるほどのフルーティーな甘さと強いアルコール。救われたのは事実だ。
とりあえず忘れないようまとめる。

チケットを忘れないための教訓
①    チケットは慣れた購入方法で購入するほうが望ましい。
②    ZOZOマリン主催チケットは当日取るのであれば、Mチケットだと発券に30分かかるのを頭に入れる。
③    そもそも前日からチケットを忘れず用意しておく(これ一番大事)。
④    Twitterもいいけど、mixiを活用してもよかったと思う。

14:20頃入場。試合で印象に残っているのは、外野フライでディーン・グリーンがヘッドスライディングでホームインしたこと。足が遅くても頑張るグリーンの姿にグッときてしまう。なんとかしたいという姿勢を見せてくれている。
また、代走を告げるつとむうこと伊東勤監督がとてもかわいらしかった。両腕をランニングのように振り、代走を審判に指示。いつもより近距離で見たので思わず笑みがこぼれた。つとむうはベンチで誰よりも前のめり。ZOZOマリンスタジアムではいつだってそうだ。この日も真っ赤なChibaユニに合わせたフレームが赤いサングラスがキラキラと光っていた。
スワローズは 4-1 で負けた。1-1になったときは行けると思ったのに。
千葉ロッテ・現ヤクルトの成瀬善久は出てこなかった。ビハインドで投げることが多い成瀬。出してもよかったと思うが、点差があまりなかったからだろうか。
一昨年はQVCマリンで、左打者にバントさせて1アウトで降りたっけ。せっかくの再会と思いきやあっけなくお別れとなった成瀬とロッテファン。
ロッテファンの「代えないで!」「もう代えるのかよ!」なんて声もむなしく成瀬は三塁側のベンチに下がっていった。そんなことをぼんやり思い出しながら試合後一人で酒をうだうだ飲み、1時間半かけて帰宅。20:10頃だった。そのまま倒れるように気絶眠。